海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

シーカヤックとは

f:id:werty852z:20180925215850j:plain

 

【広告】  

シーカヤックとは

シーカヤックは、湖や海などの広大な水面を漕いで移動するために開発されたカヤックの事です。

その形状はクローズドデッキ(下半身をカヤックの中に入れる)で、スプレースカートによってコックピットを密閉するようにしており、船体は丈夫で細長い形のボートです。

リバーカヤックよりも高い巡航速度、貨物容量、直進性を備え、長期のカヤック旅行も快適に行うことができます。


シーカヤックには、1〜3人のパドラーとキャンプ用ギア、食べ物、水、その他の物を入れるスペースを備えているので、数日から数週間の海旅をすることができます。

ですから、スポーツと言うよりは、旅の道具、ライフスタイルと言った方がしっくり来るかも知れませんね。

 

シーカヤックの大きさは通常、ソロでは10〜15フィート(3.0〜5.5メートル)、タンデムは最大26フィート(7.9メートル)の範囲です。 幅は21インチ(53cm)ほどから、最大91cm(36インチ)です。

 

シーカヤックの起源

シーカヤックの起源は、アラスカ、カナダ北部、グリーンランドだと考えられています。 エスキモーのハンターは、狩りをするために速い船が必要でした。シーカヤックの最も初期のモデルは軽い木製のフレームで、アシカやアザラシの皮で覆われていました。 考古学者は、カヤックは少なくとも4000年前から存在していることを示す証拠を見つけたそうです。

 

現代のシーカヤック

現代のシーカヤックは、基本的にはレジャーやスポーツ用として使われています。

昔のように狩猟に使われることはほとんど無いでしょう。シットオンのフィッシングカヤックは、近年増えつつあるようです。

 

シーカヤックの種類

シーカヤックは、様々な用途に合うように、色々な材料、デザイン、サイズで作られていますが、大きく分けると、リジッドカヤックフォールディングカヤックの区別があります。

フォールディングカヤックはフレームと船体布からできています。まずフレームを組み立ててから、その上に船体布を被せてカヤックを形作る構造となっているので、持ち運び時には簡単に分解してパッキングして持ち運ぶことができます。

フレームにアルミニウムやカーボン素材などを使用し、合成防水布を使用しています。

多くのフォールディングカヤックには、二次安定性があり転覆を防止するのに役立つ膨張式のスポンソンが取り付けられています。最近では、インフレータブル式のフォールディングカヤックも販売されています。


リジッドカヤックは、FRPやカーボン、ポリエチレンなどから作られていて、重量はありますが、内部にフレームが必要なく、フォールディングカヤックに比べて巡航速度が速いでしょう。

ポリエチレン製の場合は重量があり、出足が悪いというイメージがあります。しかし、ポリエチレン製は安価で、引っかきや引きずりに対して丈夫という長所もあります。

 

そのほか、形状による違いもあります。

一般的なシーカヤック

コーミングに囲まれたコックピットがあり、クローズドデッキで、転覆したときに艇が沈まないように空気室を備えたもので、キャンプツーリングなどができるように荷物もたくさん積み込めるようになっています。

フォールディングカヤックの例

リジッドカヤックの例

webshop.montbell.jp


レクリエーション用カヤック

湾内などの極めて静かな水域を対象とした幅広で大きなコックピットを備えたカヤックです。波が高い場所では、対応できないと考えた方が良いでしょう。

レクリエーションカヤックの例

webshop.montbell.jp

 


シット・オン・トップ・カヤック

コーミングに囲まれたコックピットがなく、船の上に座って操作するタイプのカヤックです。このタイプのものはフィッシング用が人気です。

 シット・オン・トップ・カヤックの例

Wildernessシステムターポン120?Kayak

Wildernessシステムターポン120?Kayak

 

 


サーフスキー

波に乗って使用することを意図した固有の安定性の低い細長いボートです。細長いので、スピードも速いですが、多くの荷物を積むことは出来ません。

サーフスキー・シーカヤック
サーフスキー・シーカヤック posted by (C)とくイチ

 

主要なシーカヤック・メーカーおよび販売元

モンベル

主に輸入品を取り扱っていますが、アフターもしっかりしていますし、カヤック本体からウェア、備品にいたるまで全てを揃えることができます。

www.montbell.jp

 

ウォーター・フィールド・カヤックス

国内製造、手作りの本格的シーカヤックメーカー。天才的な発明家である社長の水野氏は毎年のように新モデルを開発しており、また、カナックは海外でも人気を博している。

WATER FIELD KAYAKS

 

セントム

ツーリングや 釣りに最適なシーカヤックの製造、販売を手がけているビルダー。パドルコーストモデルも製造している。

sentom.jp

 

スプリント

三河湾のシーカヤックスクール、RAINBOWさんがプロデュースしているシーカヤック。

sprint-canoe.com

 

ノーライトデザイン

NORLITE DESIGNS

 

Sea kayaking UK

ボトムもガッチリした作りで頑丈なイメージ

www.seakayakinguk.com

 

POINT65

スウェーデン製のシーカヤック

Point 65 Sweden

 

 シーカヤックの選び方については、以下の記事がお勧めです。

www.hosinosora.com

 

以上、「シーカヤックとは」でした。

【広告】