海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

カヤックで 巡る水郷と八幡堀の満開桜!! 近江八幡でお花見漕ぎ

毎年恒例のカヤックで巡るお花見漕ぎ。今年は近江八幡の水郷と八幡堀をシーカヤックで巡り、満開の桜を堪能してきました。

名古屋から近江八幡までは、国道421号を走り、だいたい二時間くらいで行くことができます。
途中、永源寺ダムやヒトミワイナリーの横を通って行きますので、時間が合えば、にごりワインを買って行っても良いですね。

【広告】

早朝の湖畔

さて、私は相変わらず早朝に走るのは弱いので、前日から近江八幡市入りして、道の駅で車中泊をしました。
朝は早い方なので、5時には起きて現地へ向かうと、すぐに沢味家さんも到着しました。

私は朝食がまだなので、素パントーストと、目玉焼きです。この組み合わせがマイブーム。


朝食は目玉焼き

沢味家さんはあっという間に準備完了しています。あ、Iさんはすでに出艇してる。

早起きの沢味家さん
早起きの沢味家さん

いざ!八幡掘

近江八幡には2年前にも花見に来ていましたが、その時には閘門で足止めされ、結局は八幡掘に入ることができませんでした。今回は、遊覧船の営業開始時間よりも早く出発して、遊覧船が動き出す前には八幡掘を抜けてしまうという計画です。

水郷めぐりの船着き場を横目に、八幡掘りに向かって漕ぎ進んでいきます。

水郷めぐり船
水郷めぐり船

水郷めぐりの遊覧船乗り場を過ぎるとすぐに、八幡掘と水郷とを仕切っている閘門があります。前回はこのボタンを押していいのか、いけないのか、悩んで諦めました。

前回悩んだ2016年近江八幡漕ぎの記事はこちらです

www.hosinosora.com

閘門のスイッチ
閘門のスイッチ

閘門を過ぎると、いきなり桜のお出迎えです。どんどん漕ぎ進んでいきます。
ただ、ちょっと残念だったのは、生活排水が漕いでる横から流れ込んでくることでした。洗濯洗剤かお風呂の入浴剤のようなにおいのする水が、泡をたてて流れ込んでくるのを見ちゃうと、ちょっとがっかりしてしまいます。

八幡掘り入口
八幡掘り入口

八幡掘りの桜と菜の花
八幡掘りの桜と菜の花

八幡掘の石垣
八幡掘の石垣

八幡掘の桜並木
八幡掘の桜並木

八幡掘の桜と橋
八幡掘の桜と橋

八幡掘の桜と橋2
八幡掘の桜と橋2

八幡掘の桜花びら
八幡掘の桜花びら

八幡宮の橋を越えてしばらく行くと、イケチョウ貝の浄化装置が並んでいました。
この八幡掘はいくつかの堰があって、流れがあんまり無いように思います。
もっともっと綺麗になると、カヤックで漕ぐのも楽しくなりそうです。
ぜひ、頑張ってもらいたいところです。

イケチョウ貝で浄化中
イケチョウ貝で浄化中

まさかの行き止まり

写真では分かりづらいかも知れませんが、この小さな橋の下に、堰があって、カヤックで漕ぎ進む事ができません。ポーテージすれば良いのですが、この先も住宅地ばかりで景色は楽しめそうも無いという判断で、来た水路を戻ることになりました。

あらかじめ、グーグルマップでルートをトレースしていたのですが、橋の下に堰があるとは思いもよりませんでした。いい経験になりました。

段差があって行き止まり
段差があって行き止まり

水路をもう一度反対側から漕ぐ

しかし、戻って良かった。往路と復路では見られる景色が異なります。
行くときにはあまり気にしなかった遊覧船も、なんだか風情を感じてしまいます。

八幡掘の屋形船
八幡掘の屋形船

行きに撮りそこなった、低い橋をくぐる個所も写真に撮れました。水位が上がると、ここも通れなくなりますね。

くぐり抜けるのが大変な橋
くぐり抜けるのが大変な橋

八幡掘の石垣と桜
八幡掘の石垣と桜

水郷めぐりの船着き場
水郷めぐりの船着き場

水郷めぐりの船とカヤックのパドル
水郷めぐりの船とカヤックのパドル

水郷めぐり

八幡掘を出てからは、お決まりの水郷めぐりです。
カメラマンが沢山いる橋がある水路を通っていきます。
自分が被写体になっていると分かるので、めっちゃ恥ずかしいです。

水郷の桜並木
水郷の桜並木

西の湖園地に上陸する際に、降り沈したびんさんをすかさずパチリ!!
いつも慎重なびんさんを激写できる、こんな貴重なシーンはめったにありません!

びんさん降り沈
びんさん降り沈

西の湖園地
西の湖園地

西の湖園地でしばし休憩したあとは、よしの大龍神さんにご挨拶。

よしの大龍神
よしの大龍神

そしてまた、お決まりの場所で記念撮影~!

桜の下で記念撮影
桜の下で記念撮影

水郷の桜と遊覧船乗り場
水郷の桜と遊覧船乗り場

今回は、集合6時で出発が7時と、早い出発でしたから、お昼には上がってしまいました。
昼食は水路の横に車を止めて、桜を見ながらカップ麺を食べました。
朝早くて、帰りも早いと、家に帰ってからの片付けがめちゃ楽だわー。

以上、「カヤックで 巡る水郷と八幡堀の満開桜!! 近江八幡でお花見漕ぎ」でした。

【広告】