海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

滋賀県米原市の霊仙山に、春を告げる花、福寿草を見に行きました。

2018年3月24日 以前から気になっていた福寿草を見るために、滋賀県米原市の霊仙山に登りました。福寿草は初春に咲く花として、元日草とも言われているそうです。

今日はカヤック仲間6名と霊仙山に登ります。それぞれが自家用車で現地まで行くと、駐車場に困ってしまうので米原駅の東口に集合して乗り合わせて行く事にしました。

【広告】

今畑登山口


今畑の登山口

廃村の今畑にある登山口からスタートして、南陵を伝って頂上へと向かうコースです。先頭を任された私は、ペースも考えずにガツガツ進んでしまうと、早すぎるっと注意されます。(>_<) 登山口からいきなりの急こう配が続きます。


お寺


少しづつ視界が開けてきた

笹峠

笹峠に着くと、やれやれ、ちょっと休憩をします。ここから前方に急登する山肌が見えてきます。


石灰岩がゴロゴロとむき出しになってきている


急登した後は絶景が見渡せる


石灰岩だらけ、雪も薄っすらと残っている


ここからは少し緩い斜面を登るのだが、足元は岩だらけ


ふみ後もよくわからないので、好きなところを登っていく


斜面からは琵琶湖が見渡せる


この時期なのにまだ樹氷が楽しめた。陽が当たると、バラバラと氷が解けて落ちていく

近江展望台


これから尾根を歩いて山頂へ向かう


近江展望台


斜面は危ないので、足元はあまりよくないけれど、尾根を歩いていく


念願の福寿草に出会えました。所々に咲いています。


福寿草は、陽が当たると花を開くそうです。なので、早朝よりも少し日が昇ってからがよさそう。


尾根はひたすら続きます。


最高点の手前に、吹き溜まりがあって、雪がたまっていた。


登ってみたくなるのが、精神年齢9歳の僕たち!


雪の上からは、足元に石灰岩と琵琶湖を眺めることができました。


最高点まではあと少しです。


こんな小さな木?も氷におおわれています。

昨年の12月に来た時は、この逆回りで、初めてのルートだったので、ビクビクしながら歩いていましたが、今日は足取りも軽くスキップしながら歩けます。

最高点

最高点からは360全方位が見渡せます。12月には雪に覆われていた伊吹山も、雪解けして緑と大地の色が見えています。

山頂も展望良好です


お昼は湯を沸かして、カップ麺

お虎ヶ池

汗拭き峠から落合まで

汗拭き峠から落合までは、途中の道が崩れて何度も川を渡ることになります。いつ崩れるか分からないような個所もあるので、注意が必要でした。

今日は早めのスタートで、いいルートでしたから、帰りも早くなり、いい山歩きができたと思います。

福寿草もバッチリ見られたし。いい運動にもなりました。

以上、「滋賀県米原市の霊仙山に、春を告げる花、福寿草を見に行きました。」でした。

【広告】