海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

Kayak誌ジャンボリー6/22-23(1日目)

Kayak誌ジャンボリーに参加してきました。いつものように出発します。5:41

今回は松阪まで高速道路を走りその後は国道42号で。大台のMaxValueで買い物して現地に到着したのは9時ちょっと過ぎ。編集長の野川さんが受付をしているところ。のんびりと始まります。

WF社の水野さんが持ち込んだリビエラの試乗艇

こちらはアルガフォレスト柴田さん専用のじゃじゃ馬チューンされたシメスタ。チョコ色のシームラインとシートが大人の雰囲気ですね。


くらげ商店の中村軍曹。パイプをくわえて戦車のようなシットオンに腰かけています。独特の雰囲気を醸し出しています。カッケー

銚子川から漕ぎ出します。護岸工事されていて数人がかりで艇を下して出艇します。最低4人はいないと無理な感じ。

出発前に昼食タイム。食パンのホットドックです。大量のソーセージが焼かれています。一人一本だと思ったら2本づつありました。後でもう一本もらいました。


さて、昼も食べたしそろそろ出発ということで清流・銚子川に浮かびましたよ。水が本当に透きとおっていてキレイ。すばらしい透明度だ。


川を下って海に向かいます。途中の小さな瀬で船底ガリガリー!!(><)やっちまったよ~

海に出て、小山浦から元須賀利浜へ向かいます。右前の島は桃頭島

タンデム艇もカッコイイなぁ。彼女たちは10年ぶりにカヤックに乗ったらしいです。

尾南曽鼻を左折したあたりからスッゲー三角波だよぉ(T_T)しっちゃかめっちゃかだけど頑張って漕いでたら、WFの水野社長が「これくらいの波でもラダー下さなくても大丈夫なんですか?」って。 えっラダー下したら安定するの?そんなの知らなかったッスヨ~~ でもシメスタはこんな波の中でもラダーなしで安心して漕げるって事ですネ。

もう、こんなダップンダップンしてるよ。風が無くて良かった(^
^;)

目的地の元須賀利浜。なんと穏やかな凪の海だこと。

無事に全員が到着したという"狼煙"をあげつつ晩御飯の準備中。

今年は本部が浜の隅っこなので行きづらいから、仲間内で宴会をしていた。・・・思いがけず本部からサバの刺身を差し入れしてもらえました。中谷さんが釣り上げたサバだそうです。さすがですねぇちゃ~んと肴を調達してくるところがすごい。

今日は大潮で満月。夜も更けてきたが月明かりでもなんとか僕のショボイカメラで撮影可能。良い雰囲気でしょ。

晩御飯の準備中。

夜は昨年と同じくカレー3種。全部美味しかった。僕的にはカップに入ったココナッツカレーがお気に入り。

最後はじゃんけんポン大会。みんな元気ダネ。こんな感じで夜は更けていく。僕らは11時には寝た。Zzzzz