海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

シーカヤックのハッチカバーに紛失防止対策を施す

シーカヤックでツーリングに出かけ、たとえば無人島の浜でくつろいだ後に、もしも、カヤックのハッチカバーが無くなっていたら、どうしますか?
シーカヤックはハッチカバーがなくなると、ハッチ内に水が浸水して漕ぐことができなくなります。
出先で偶然にも風で飛ばされたしまったら・・・想像するのも恐ろしいですね。

そこで、今回はシーカヤックのハッチカバーに紛失防止対策を施してみたいと思います。
この方法はアルガフォレストの柴田さんに教わりました。

方法はいたって簡単で、2mmの細引きを使って、シーカヤックのハッチカバーとインナーカバーのそれぞれをデッキラインにつなぐだけです。

完成図(スターン側)

ハッチカバー、インナーカバーを外しても、こんな感じでデッキラインに細引きでぶら下がっています。


ロープでぶら下がっている図

インナーは細引きで留めるだけですが、FRP製のハッチカバーは下の写真のように、キリかドリルで2mmの穴を開けてから、細引きを通して結び目を作って留めます。


ハッチカバーに穴をあけて細引きを通した図

とっても簡単にできる紛失防止対策です。ぜひ、やって見てくださいね。(^_-)-☆