海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

高級コンデジを海で使う:SONY DSC-RX100 + 防水ハウジング

カヤックのときには、いつも防水のコンデジを持参している。スマホのカメラだと取り出して撮影するのに、イマイチ扱いづらいからだ。
そして、一番買い換える頻度が高いのが防水カメラだ。理由としては、海に落としてしまったり、水没させてしまう事である。
海に落とすと、基本的に浮いてこないのでそのまま海底に沈没。また、防水と言えども海水で泳いだり潜ったりする遊びに、長期間に渡り防水性能を維持できるものでは無さそうだ。

【広告】

OLYMPUS Tough TG-820 の故障

先日、2013年9月に購入したOLYMPUS TG-820 が故障した。液晶画面は表示されるが、ボタン操作がまったくできなくなってしまった。このカメラは 10m防水、 2m耐落下衝撃、 -10℃耐低温というタフさが売りのカメラで、カヤッキングやシュノーケリングで活躍してくれた。
その前に使っていたパナの防水カメラは1年ちょっとで水没した事を考えると、かなり乱暴な扱いだったけれども4年も使えれば十分だと考える。
そして、現在販売されている OLYMPUS Tough TG-5 を購入するのが順当な考え方だと思う。なにしろ、15m 防水、100kgf耐荷重、GPS、電子コンパス、Wi-Fiまで内臓している。

高級コンデジを海で使う

さて、本来なら今回もOLYMPUSの Toughに買い換えるところだが、今回はカヤックキャンプの時に星空を撮影したり、普段使いで色々と撮影したいという願望があって、友人がキャノンのパワーショットでやっているのを真似させてもらい、以下のような組み合わせでカメラを購入することにした。

(1)SONY DSC-RX100

中古品を検討していたが、値段的に新品でもそんなに違わない価格だったので、新品を購入した。

2012年6月に発売されてから、今なお販売されている初代RX100 1.0型 CMOSセンサーを搭載しており、一般的なコンデジ(1/2.3型)に比べて4倍の受光面積があるため、高画質な写真を撮ることができる。

(2)サンコー防水ハウジング

ラッキーな事にヤフオクでかなりの美品を落札する事ができた。

40M防水。オリンパスのtg-5が15M防水なので、それよりも遥かに防水性が高くなるハズ。SONYの純正品よりもこちらの方がネットの評価が高かったのも、こちらを選択した理由。

操作音が聞こえない

防水ハウジングに入れるとカメラの操作音が聞こえない。きっちりと防水されているから、静かな場所で耳を澄ましていないと操作音はまったく聞こえないので、画面をよく見るようにしなければならない。室内では写真のように画面はクッキリと見える。屋外でもケースに入っていることはあまり気にせず画面を確認することができた。

水に浮く

これはうれしい誤算で、防水ハウジング内には大量の空気が入っているので、カメラを海に落としてもプカプカ浮いてくれる。防水ハウジングに入れていれば、”カメラが沈没”という悲劇からは免れそうだ。

Flash Air

SONY DSC-RX100にはWi-Fiが内臓されていない。さすがに今どきこの機能は欲しいところだが、ここは Flash Air で我慢することにした。最新型のFlashAirなら通信速度もかなり速いので、今のところストレスに感じることは無いし、電池の持ちも問題ないレベルだった。

以上、「高級コンデジを海で使う:SONY DSC-RX100 + 防水ハウジング」でした。

【広告】