海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

設営と片付が超簡単!スノーピーク の 焚火台 S で、休日にプチ焚火を楽しんでみた。

休日の暇つぶしに、近所の公園にあるバーべーキューコーナーで、プチ焚火を楽しんできました。冬のバーベキュー場は誰もおらず、貸し切り状態なので、好きな場所を選べます。北風を避けた陽のあたる場所を見つけて、のんびりとコーヒーを楽しんでみます。

【広告】

スノーピークの焚火台S

直火は禁止のところがほとんどですから、必ず焚火台が必要になります。

スノーピークの焚火台の設営は広げて置くだけ、そして片付けは、持ち上げて収納袋に入れるだけ。収納時はペッタンコになるので、かさばることもありません。他の焚火台ではどれも、こうはいかないでしょう。
そして、私が S サイズの焚火台を選んだのは、1万円以内で購入できる事と、コンパクトなので、ちょっとしたお出掛けにも持参できる事が理由です。

スノーピークの焚火台
スノーピークの焚火台S(収納したところ)

スノーピークの焚火台 展開したところ
スノーピークの焚火台 展開したところ

スノーピークの焚火台に合わせて、ゴトクも自作してあります。火ばさみはダイソーのものです。これら収納袋にすべて突っ込んでいます。

スノーピークの焚火台とゴトク、火ばさみ
スノーピークの焚火台とゴトク、火ばさみ

金網を載せるタイプの焚火台

ところで、1万円以内で買えるコンパクトな焚火台は、スノーピークの他に、金網を載せるタイプの焚火台もあります。たとえば、ユニフレームのファイアスタンド2はとても軽量(700g)なので、携帯するにはとても良い焚火台だと思います。

「暖をとる」という性能面では、スノーピークの焚火台に軍配

以前、自転車ツーリングキャンプでスノーピークの焚火台と、金網だけのタイプのものとを同時に使うことがあり、その時の印象では、金網だけのタイプのものは、燃焼がとても早くて、薪がすぐに消費されてしまい、熾火の状態が短いという事がありました。

こちらの記事は金網だけのタイプを自作したときの記事です。

www.hosinosora.com

比べて、スノーピークの焚火台は、鉄板部分からも輻射熱が出てくるので、とても温まることできました。ですから、「暖をとる」という性能面では、スノーピークの焚火台に軍配があがったという記憶があります。

近所の公園でプチ焚火

さて、今回は近所にある公園のバーベキューエリアでプチ焚火を楽しみたいと思います。
公園には、剪定した木の枝が、植込みの中に無造作に放置されていますので、これを拾います。イケアのバッグに半分くらいあれば、十分に楽しむことができるでしょう。

公園のバーベキューエリアは、冬期は貸し切り状態です。
好きな場所に陣取って、コーヒーを沸かして焚火を楽しみたいと思います。スノーピークの焚火台は広げて置くだけで準備完了すので、本当に手間いらずです。薪をくべ着火すると、あっという間に火が大きくなり、お湯を沸かすことが出来るようになります。
自作のゴトクを焚火台にパーコレーターを載せてお湯を沸かします。(コーヒーをひくのと、後片付けが面倒くさいので、パーコレーターはお湯を沸かすだけです。) 薪は、ゴトクの横からくべていけば問題ありません。

スノーピークの焚火台 熾火
スノーピークの焚火台 熾火

しばらくすると湯が沸くので、カップにセットしたドリップパックにお湯を注いでやれば、あっという間に出来上がります。ククサのコーヒーカップだと、ドリップパックを片側しか引掛けられないので、ゆっくりと注意しながら入れないと、コーヒーの粉が入ってしまいます。

ククサの木製カップでコーヒー
ククサの木製カップでコーヒー

公園で焚火にあたりながら飲むコーヒーは、とても美味しいものです。焚火台の輻射熱で近くに寄っていれば暖かいので、薪をくべながら焚火の火を眺めていると、ゆったりとしたくつろぎの時間が過ぎて行きます。二杯くらいは飲みたくなります。

ドリップパックも水分を絞ってから、焚火に入れてやれば燃えてしまいます。

スノーピークの焚火台で焚火中
スノーピークの焚火台で焚火中

拾ってきた薪をすべて消費するのに2時間くらいかかりましたが、これで今日の焚火は終了です。残った炭の火を消化して、ゴミ袋に入れ、焚火台の汚れを新聞紙で拭ったら、あとは持ち上げるだけで、そのまま収納袋に入れられます。

スノーピークの焚火台
スノーピークの焚火台 収納後

スノーピークの焚火台 メリデメ

サイズに関係なく、スノーピークの焚火台のメリットは、設営=広げて置くだけ。片付け=持ち上げるだけ。と、魔法のように簡単設計です。そして、かなり頑丈な作りなので、私のペースの楽しみ方なら、末永く使える事でしょう。

デメリットとしては、そこそこの重量(Sサイズ  1.8kg)があることと、持ち上げたら自動的に折りたたまれるので、火が付いた状態で移動することがたいへん危険なところです。

ですが、重量は頑丈さとのトレードオフによるものなので、私にはさほどデメリットとは考えられませんし、焚火を移動するなんてことはしないはずです。
※どうしても焚火台を移動したいときは、耐熱性のあるグローブで持ち上げて運ぶ事ができるとは思いますが、おすすめできません。

さて、今度の週末はどこで焚火をしようかな。

以上、「設営と片付が超簡単!スノーピーク の 焚火台 S で、休日にプチ焚火を楽しんでみた。」でした。

【広告】

秋!焚火の良い季節なので・・・焚火台を新調しました。

基本的に直火でしか焚火をしてこなかったので焚火台には全然興味がなかったけれどもこの頃は急に焚火台熱が盛り上がってきた。近場で焚火をしようとしたら焚火台が無いとできない。 そして先々週のビワイチでマチャさんが持ってきたスノーピーク焚火台Mがとても暖かくて良かったので、焚火台を見直してみた。

前回自作した焚火台は暖をとったりお湯を沸かすだけなら十分だ。だけど、燃焼効率が良すぎるのか火の番に手がかかるし調理にはあまり向いていない。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2

MONORAL(モノラル) WireFlame
軽いし、調理もできそう。だけど値段もイイネ!

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

こちらは定番中の定番品。価格も魅力的だし大きさもGood。だけどかさばるんだよネ。

そして届いたのが・・・

こちらのスノーピーク焚き火台のSです。中身は本体とケースだけです。

しょぼいと噂のケース。たしかにしょぼいけど使えないことはないですよ。

まばゆいばかりピッカピカのステンレス製です。

となりの河原で枯草とか段ボールを突っ込んで点火してみました。
炭火がとても長持ちします。

スノピの焚火台ってかさばらないし、使う時は開くだけ、しまう時は持ち上げるだけっというお手軽さは他では無いですね。
それに薪の消費もそんなに早くないようです。
近所の公園のBBQコーナーでこれからの季節は焚火三昧しようと思います。
っという事で重量以外は納得の一品です。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 S ST-031R

簡単自作!コンパクトで超軽量な 焚火台 を作ってみました。

焚き火台を自作してみました。しかも、簡単でコンパクトなのです。 目的は自転車のキャンプツーリングで、直火禁止のキャンプ場で焚き火をするためなのです。10月中旬の週末キャンプの夜は冷えます。

【広告】

コンパクトで超軽量な焚き火台がほしい

自転車で一泊二日のビワイチをする予定があり、10月中旬の週末キャンプの夜は寒そうです。
自転車旅なのでカヤックのように荷物も多く積めないし、しかもキャンプ場で泊まるので直火禁止。だけど焚火がしたい。

ファイアスタンド2

そこでぱっと思いつくのが、ユニフレームさんのファイアスタンド2です。

でもこれに6000円も出すのはちょっと・・・と思っていたらびんさんがポチってて羨ましー(;'∀')

びんさんの記事はこちらのリンク先です。-> 「外へ出ようヨ!アウトドアでいろいろと」ユニフレーム ファイアースタンドⅡ

そして物欲メーターは上昇するのであった。

頭の中は焚火台でいっぱい。(+o+)脳みそフル活動して体調不良になりました。

ファイアスタンド2を真似て自作してみた

そして自作しました。むふふ!ドリルとパイプカッターがあれば簡単につくれるのだ。

自作焚火台

自作焚火台

自作焚火台の材料

構想には数日を要しました。そして、工作の技術は低く、超面倒くさがり。雑。それでもできるようにホムセンいって色々と物色した結果、以下の材料で作成できました。

【フレーム本体】

1)ステンレスパイプ(長さ 180 cm 内径 9 mm)

2)ステンボルト(長さ 25 mm 幅 4 mm)

3)ワッシャー

4)U字ナット(緩まないように)

5)ビニール製パイプの足

6)ステン金折 30 mm←これがポイントです。

【網】

1)ステン虫よけ網(切り売り)50cm

2)ステンボルト 長さ30mm

3)ステンワッシャー大き目

4)ステンナット

自作焚火台の部品

自作焚火台の部品

自作焚火台の作り方

まずはフレーム部分を作成します。手順は以下のとおりです。

1)ステンパイプを必要な長さにカットして4本にします。(私の場合は 45 cmずつにカット)

2)パイプの適当なところに4mの穴をドリルで開ける。私の場合は下から 16.5 cmの所に穴をあけました。

3)以下のようにパイプと金折を 4 m ボルトを使って組みつけます。(金折を四つ使って四角くするのと、パイプを真ん中の穴に通すのがポイント)

自作焚火台の組み立て

自作焚火台の組み立て

組付け部分を上から見ると、こんな感じになります。黒い枠が金折で、赤い部分がボルトです。

接合部拡大図

接合部

完成した接合部はこのようになります。

自作焚火台 接合部

自作焚火台 接合部

自作焚火台 フレーム

自作焚火台 フレーム

燃焼部の網を作成します。

網は適当な大きさにカットして四辺を折り返して、四隅にボルトを刺してねじ止めしただけですが、四隅のボルト部分は以下の写真のように、網をワッシャーで挟んで、片方からボルトを差し込みナットで止めます。

網の四隅はボルトとワッシャー

網の四隅はボルトとワッシャー

焚火台を使うときは、網の四隅に取り付けたボルトを本体フレームのパイプ穴に差し込むだけです。

網の四隅はパイプに差し込むだけ

網の四隅はパイプに差し込むだけ

網の四隅に差し込んだところ

網の四隅に差し込んだところ

とてもコンパクトに仕上がりました。重量は 600 g でした。

自作焚火台はコンパクト

自作焚火台はコンパクト

焚火台の燃焼テスト

近所の公園のBBQコーナーでさっそく試してみました。金網の耐久性がちょっと心配。なんせ虫よけ網だし(汗)

家の倉庫にあった棒とか炭とか段ボールを適当にぶち込んで点火しました。

自作焚火台の燃焼テスト

自作焚火台の燃焼テスト

ゴトクを載せて湯沸かしをしてみましたが、ぐらつく事もなく問題ありませんでした。

まったりと、たき火が楽しめました。

自作焚火台で湯沸かし

自作焚火台で湯沸かし

3時間くらい焚火をしていましたが、金網も何ともなかったです。ただ、燃焼部が金網だけなので、地面に灰が落ちてしまうのはしょうがないですね。

以上、「簡単自作!コンパクトで超軽量な 焚火台 を作ってみました。」でした。

【広告】