海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

これは便利!!ペッタンコにたためて長時間使えるソーラーライト(SOLARPUFF)

モンベルストアでブラブラしていたら、見つけてしまったこのソーラーライト。
さらくわ~座佐浜キャンプでアサちゃんも使っていて、我慢しきれずにゲットしてしまいましたー!

www.hosinosora.com

【広告】

SOLARPUFF

SOLARPUFFは下の写真のように、ぺしゃんこに折りたたんでおくことができます。
たとえばシーカヤックツーリングでしたら、この状態でデッキのショックコードに挟んでおけば充電ができるでしょう(ただし、波にさらわれないように!)
トレッキングならザックにぶら下げておくとか、自転車ツーリングなら荷物の上にひょいと括り付けておけば、邪魔にはなりません。

折り畳みサイズは、厚さ15mmくらい、縦115mm、横210mm 重さは75g です。

広げると11cmの立方体になります。 このサイズ感なので存在感もあり、結構な明るさがあるので、ひとつあればとても重宝します。

スイッチは真ん中の押ボタンだけで、弱・強・点滅の三段階に切り替えができます。
直射日光8時間でフル充電。強で6時間、弱で12時間だそうです。 夜は点けっぱなしで朝まで放置しておいても良いですね。 また、防水タイプなので多少の雨なら大丈夫かも知れません。

さかさまから見るとこんな感じでLEDライトが並んでいます。
リチウムポリマー電池で500回の繰り返し充電可能

メリット:持ち運び時にかさ張らない。軽い。置き方自由自在で倒れない。
デメリット:太陽で充電しなきゃ使えない。風で飛びそう。

類似品もたくさん

ネットでは類似品も沢山販売されているようで、好みや用途に合わせて選択肢があるのもいいですね。

充電をお忘れなく

ソーラーパワーでランプが点灯しますので、昼間のアウトドアアクティビティや移動時にはお日様に当てて充電しておくのをお忘れなく!

以上、「これは便利!!ペッタンコにたためて長時間使えるソーラーライト(SOLARPUFF)」でした。

【広告】

【軽量化】クラッシャブル ランタン シェード

キャンプに行くときはヘッドライトと小さいランタンの両方を持っていく事が多い。 カヤック旅の場合は重さや大きさはあんまり気にしないで良いのだけれど歩いてキャンプに行くとなるとやっぱり何とか軽量化したいと思う。 そこで前から気になっていたモンベルの「クラッシャブル ランタン シェード」を試してみた。

今までにない新発想の”ランタン” とあります。値段はちょっと高い感じがしますがとても丈夫な素材でできているようです。

本体は重さ5gで携帯性はバッチリ。ペラペラな30デニールのバリスティックナイロンは通常のナイロンの5倍の強度だとか。

本体の内部は円錐状になっていて、ヘッドライトの光を周囲に反射する加工がされている。

ヘッドライトに取り付けてみた。僕のGENTOS(ジェントス) デルタピーク143 はかなりデカイのでギリギリハマった。

そしてサブLEDで点灯したところ。 これだけの明るさがあればテント内でごそごそするのにも、外でご飯を食べる時にも十分ですね。(メインLEDは125ルーメンでかなり明るいけど、そこまでの明るさは必要ないと思った。)
いやぁコレはかなりおススメです!

<以下モンベルの商品紹介ページより>
手持ちのヘッドランプをランタンに早変わりさせてしまう、新発想の超軽量コンパクト・シェードです。半透明で柔らかなシェード本体をヘッドランプにかぶせると、目に優しい光が広範囲に広がります。使用しないときは平たくつぶせばかさばらず、持ち運びも便利です。(特許取得済)

仕様
【素材】30デニール・リップストップ・ナイロン
【重量】5g
【カラー】ホワイト(WT)
【サイズ】φ6×12cm
【対応ヘッドランプサイズ】周囲:18.5cm以内
※ヘッドランプの形状により、サイズ内でも装着できない場合があります。

レギュラーサイズがオススメです。(Lサイズはかなり大きいです)

Lサイズは本体は大きいものの、大きめのヘッドライトが装着できるわけではないみたいです。

GENTOS(ジェントス) デルタピーク 343H

UCO キャンドルランタン

毎週末になると台風がやって来る。



遊びに行きたいけれど用事がある。



家の中じゃたき火もできない。



って事で家の中でも火遊びするために導入決定したUCO キャンドルランタン ブラス をご紹介します。 これは、好日山荘でゲットしてきました。

添付の説明書には火の付け方が記載されています。

ランタン上部を引き出した後、ガラスのほやを少し下げてキャンドルに灯をともし、すぐにガラスを元に戻します。


電気を消してろうそくの灯りだけでロマンチックな夜のひとときを堪能。




ところで、どうやって灯を消すのかしら??

英語版の説明書も一部だけ日本語になっていて火の消し方が書いてありました。
「ランタン上部から息を吹き込むことにより、炎を消すことができます。」

けっこう勢いよく吹き込んでやっと消えました。(汗)

私が購入したのは、真鍮製の”ブラス”です。すぐに色はくすんできますが、磨けばまたピカピカになります。

他にもカラフルな色がペイントされたモデルが沢山販売されています。ブラスより少しお値段も低くなっていますよ。

燃料のろうそくは専用品となっていますが、 そんなに高いものではありませんし、一本で8~9時間くらい持ちます。

虫の嫌がるにおいのするろうそくも販売されています。

ミニミニバージョンもあります。こちらの燃焼時間は3時間程度のようです。