海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

高級コンデジを海で使う:SONY DSC-RX100 + 防水ハウジング

カヤックのときには、いつも防水のコンデジを持参している。スマホのカメラだと取り出して撮影するのに、イマイチ扱いづらいからだ。
そして、一番買い換える頻度が高いのが防水カメラだ。理由としては、海に落としてしまったり、水没させてしまう事である。
海に落とすと、基本的に浮いてこないのでそのまま海底に沈没。また、防水と言えども海水で泳いだり潜ったりする遊びに、長期間に渡り防水性能を維持できるものでは無さそうだ。

【広告】

OLYMPUS Tough TG-820 の故障

先日、2013年9月に購入したOLYMPUS TG-820 が故障した。液晶画面は表示されるが、ボタン操作がまったくできなくなってしまった。このカメラは 10m防水、 2m耐落下衝撃、 -10℃耐低温というタフさが売りのカメラで、カヤッキングやシュノーケリングで活躍してくれた。
その前に使っていたパナの防水カメラは1年ちょっとで水没した事を考えると、かなり乱暴な扱いだったけれども4年も使えれば十分だと考える。
そして、現在販売されている OLYMPUS Tough TG-5 を購入するのが順当な考え方だと思う。なにしろ、15m 防水、100kgf耐荷重、GPS、電子コンパス、Wi-Fiまで内臓している。

高級コンデジを海で使う

さて、本来なら今回もOLYMPUSの Toughに買い換えるところだが、今回はカヤックキャンプの時に星空を撮影したり、普段使いで色々と撮影したいという願望があって、友人がキャノンのパワーショットでやっているのを真似させてもらい、以下のような組み合わせでカメラを購入することにした。

(1)SONY DSC-RX100

中古品を検討していたが、値段的に新品でもそんなに違わない価格だったので、新品を購入した。

2012年6月に発売されてから、今なお販売されている初代RX100 1.0型 CMOSセンサーを搭載しており、一般的なコンデジ(1/2.3型)に比べて4倍の受光面積があるため、高画質な写真を撮ることができる。

(2)サンコー防水ハウジング

ラッキーな事にヤフオクでかなりの美品を落札する事ができた。

40M防水。オリンパスのtg-5が15M防水なので、それよりも遥かに防水性が高くなるハズ。SONYの純正品よりもこちらの方がネットの評価が高かったのも、こちらを選択した理由。

操作音が聞こえない

防水ハウジングに入れるとカメラの操作音が聞こえない。きっちりと防水されているから、静かな場所で耳を澄ましていないと操作音はまったく聞こえないので、画面をよく見るようにしなければならない。室内では写真のように画面はクッキリと見える。屋外でもケースに入っていることはあまり気にせず画面を確認することができた。

水に浮く

これはうれしい誤算で、防水ハウジング内には大量の空気が入っているので、カメラを海に落としてもプカプカ浮いてくれる。防水ハウジングに入れていれば、”カメラが沈没”という悲劇からは免れそうだ。

Flash Air

SONY DSC-RX100にはWi-Fiが内臓されていない。さすがに今どきこの機能は欲しいところだが、ここは Flash Air で我慢することにした。最新型のFlashAirなら通信速度もかなり速いので、今のところストレスに感じることは無いし、電池の持ちも問題ないレベルだった。

以上、「高級コンデジを海で使う:SONY DSC-RX100 + 防水ハウジング」でした。

【広告】

iPadでお手軽に動画編集(Quik)

SONY アクションカムやデジカメで撮影した動画編集をパソコン でやろうとしたら、数年前に買った安物のパソコンでは遅くてや ってられなかった。

そして手持ちの、iPad Air 2 はソコソコのCPUパワーがあるので 、動画編集もできるんじゃないかと、アプリを探していたら、 とてもナイスなソフトを見つけました。

Quik - 無料ビデオエディタ

このアプリは GoPro が提供している無料のビデオエディタで、 撮影したビデオと写真、それに無料でダウンロードできる音楽や デバイスに保存してある音楽を組み合わせて”ワンクリック”感 覚でオリジナルビデオが作成できるアプリです。

現時点では、アンドロイド版とiOS版があります。 デスクトップ版は近日公開されるようです。(2016.9.22時点) アップルストアはこちら→Quik - 無料ビデオエディタ googlePlay ストアはこちら→Quik - 無料ビデオエディタ

使い方は超簡単。誰でもできちゃう!

このソフトの凄いところは、動画や写真を選ぶだけで、まずは オリジナルビデオが完成してしまうところでしょう。

アプリのアイコンをタッチして、開きます。

20160920_113118000_ios

一番初めにアプリを開くと、「動画を新規作成」のボタンが表 示されます。迷わずタッチします。

screenshot_2016-09-22-21-47-48

つぎに、使用するメディアを選択する画面に切り替わりますので 、ここで使用したいメディアをタッチして選択します。選択が終 わったら右上にある「OK」をタッチします。

20160920_113201000_ios

次の画面に切り替わると、なんともう完成しています!!

20160920_113303000_ios

その秘密は画面下に表示されているテーマのようです。このテーマを切り替えると、選択した音楽のビートに合わせ自動編集をしてくれるのです。

自分でアレンジすることもできる

ある程度の編集機能も備わっていますので、自分でアレンジすることも可能です。

画面の右側にコントロールが配置されています。上から順に、テーマ、音楽、編集、設定となっています。

20160920_113309000_ios 01テーマの選択メニューを表示します。

02音楽を選択するメニューを表示します。

03写真やビデオ編集の個別編集をするメニューを表示します。

04フォーマットと再生時間を設定するメニューを表示します。

 

01テーマ

テーマを選択するメニューを表示すると、下のような画面が表示されます。 20160920_113303000_iosビデオ画面の下に並んだテーマを選択すると、テーマとビートに合わせてビデオが自動編集されます。

02音楽

音楽を選択するメニューを表示すると、下のような画面が表示されます。

20160920_113309000_ios

音楽は数十曲の中から選ぶこともできますし、デバイスに保存してある音楽からも選ぶことができるようです。 音楽を選択すると、ビートを調べてビデオを再編集してくれます。 20160920_113315000_ios

03個別編集

個別編集のメニューを選ぶと、画面下部にビデオ、写真が並べられます。間に他の写真やビデオ、文字を挿入することができます。

20160920_113228000_ios

ビデオは、トリミングや切り抜き、文字の挿入や音のオンオフができます。(デフォルトで音はオフ) 写真も同様に文字を入れられたり、フォーカスを設定できます。

20160920_113237000_ios

ビデオのトリミングは下のように指でもなんとか作業できるレベル。

20160920_113253000_ios

04フォーマットと再生時間

フォーマットはシネマか正方形のどちらか、再生時間はスライダーを動かして設定します。

20160920_113341000_ios

保存

編集が完了したら画面右上の保存をタッチすると、どこに保存するか聞いてきますので、ローカルに保存するには”写真”を選びます。 保存中は画面を閉じたり、ほかのアプリに切り替えないようにしてください。

20160920_113421000_ios

まとめ

Quickいかがでしたでしょうか。

いったん作成して保存した後でも、コピーを編集することができますので色々なバージョンを作って楽しめますね。 20160920_113505000_ios

現時点では、アンドロイド版とiOS版があります。 デスクトップ版は近日公開されるようです。(2016.9.22時点) アップルストアはこちら→Quik - 無料ビデオエディタ googlePlay ストアはこちら→Quik - 無料ビデオエディタ

アクションカムGoProマウントでGo!

アクションカムを自転車ヘルメットに取り付ける(ちょんまげスタイル)

ゲットするまでに久しぶりに悩みに悩んだアクションカムですが、まずは自転車で使いたいので、GoProのマウントを流用してヘルメットにくっつけました。

アクションカムは手ぶれ機能がとても優秀なので、ハンドルバーマウントという選択肢もありますが、ハンドルはかなり振動が多いので故障するんじゃないかという心配があります。

というのもハンドルにスマホを付けていたらスマホが壊れた(おそらく振動で)ので、やはり精密機器はハンドルに向かないという自己判断です。それに何よりも流れていく景色を追いかけながら撮ることができます。

DSC_0686

SONY アクションカム

必要なマウント用アイテム

以下がヘルメットに装着するための部品類。ベンテッドヘルメットマウント(上)、GoPro (ゴープロ)用 固定ボルト(下左)、REC-MOUNTS 変換アダプター(下中央)、GoPro (ゴープロ)用バックル(下右)それぞれ別売りです。

DSC_0683

GoPro (ゴープロ)用 固定ボルト、REC-MOUNTS 変換アダプター、GoPro (ゴープロ)用バックルを組み合わせたところの図

DSC_0684

ベンテッドヘルメットマウントに上記の部品とアクションカムを組みつけた図(ヘルメットマウントをヘルメットに取り付ける際には一旦バックルをマウントから外す必要があります。)

DSC_0685

ヘルメットに装着した図。かなりピッタリと装着されています。ぐらつきも無くバッチり。

DSC_0686

ハードレンズカバーも必須です。(カバーが付いていないので)

取り付けに使用したマウント部品一覧

というわけで、アクションカム本体には以下のオプション部品を組みつけました。万が一を考えるとリューシュが必要だなぁ・・・気づいたらカメラが無かったなんて笑えないもんね

ベンテッドヘルメットマウント GVHS30

REC-MOUNTS 変換アダプター

GoPro (ゴープロ)用 固定ボルト

GoPro (ゴープロ)用バックル

ソニー カメラリーシュパック AKA-LSP1

ウェアラブルカメラ HDR-AS200VR

悩みに悩んだ末、結局は旧型のHDR-AS200VRにしました。そもそも価格差が少ないのが悩みの元だった。決め手はやはり本体防滴とテレビに接続できる点です。まあ好みの問題ですけどね。なお、ビックカメラの店員さんの説明によりますと、画質や音質はほぼ同じで、新型のAS50の方が機能満載で、リモコンも使いやすくなっています。ですが、本体防滴が無く、テレビに接続はできません。また、AS200の方がやれることが多い(細かくは聞きませんでしたが)ということでした。

SONY アクションカム

 

このようなケースに入っていました。本体はウォータープルーフケースに入れられています。

中身はウォータープルーフケースに入った本体、ライブビューリモコン、マイクロUSBケーブル、バッテリーパック、装着バックル、平面用接着マウント、曲面用接着マウント、三脚アダプター、ガイドブック、保証書、ステッカーです。付属のマウントは使い道が想像できません。

そして別売のハードレンズプロテクターです。このカメラはレンズカバーが付属していないのでこれは必須のようです。(常にウォータープルーフケースに入れっぱなしならば別ですが)

ソニー ハードレンズプロテクター AKA-HLP1

このカバーが高いと思うかどうかも各自の捉え方ですね、カバーの上下に突起を出し入れする機構が付いていて、ロックレバーで完全に本体にロックされます。僕はかなりしっかりとした作りだと思います。

ハードレンズカバーを取り付けると、ちょっと目玉おやじっぽく見えますけど。www

本体の右側には液晶画面とボタンが2個。このボタンと録画ボタン(Enter)で設定などの操作が可能です。そしてSONYロゴの右側には謎のIRリモコン受光部。どのリモコンで使えるんだろ??

左からマイクロUSB端子、HDMI端子、コンポジットビデオ出力、マイクミニジャック

三脚アダプターを取り付けるとこんな感じになります。細いネジ一本で固定するので強い力を加えるとグラグラします。華奢な感じです。

ライブビューリモコンは画面が小さいですが、そこそこ確認できます。これがあるのとないのではかなり便利さが違います。というのも、スマホ画面で確認するには本体のWifiをオンにして、それからスマホのアプリを起動し、スマホに画面が表示されるまでに結構な時間がかかるのです。ライブビューリモコンだと接続も早いし何かをしながら操作するときの便利さが随分と違うと思います。
※新型のAS50はリモコンで本体のオンオフができるらしい

デジカメ Lumix DMC-FT20 水没 2013/8/31

お盆のザサ浜でシュノーケリングしたあと、自宅で電源が入らなくなってしまった。
電池パックを見ると接点部分に青錆が浮いていたので綿棒でゴシゴシやったら復活。しばらくは使えていましたが昨日から電源が入らなかったりエラーメッセージが表示されたりする。

電池パックの入り口あたり、四角いピンク色のマークがしっかりと水没を示している。

やっぱり5m防水では厳しいのかな。それと使い方が乱暴だから・・・。