海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

2015.12.5-6.松阪~大王名田海岸まで自転車輪行

12月に入り、そろそろキャンプをするにも寒くなって来ました。
今年最後のキャンプと思って滋賀の海津大崎へ向かおうと思いましたが、天気予報では海津大崎は曇りの予報でした。
できれば星空が見たいので急きょ志摩方面へ予定変更です。※志摩は強風注意報

【広告】

近鉄の駅で

キャンプ道具を持っての輪行は初めてでしたが、何とかなるもんですね。オルトリーブのキャリーバッグは持ちやすくて苦になりません。(写真を撮り忘れました・・・)  慌てて荷造りしたのでカメラも銀マットも忘れてきてしまいました。

オルトリーブのキャリーバッグについては、こちらの記事をご覧ください。

www.hosinosora.com

 

本日のルート

本日のルートはこんな感じになっています。

松阪駅までは近鉄で行き、松阪からは旧伊勢街道を走って伊勢へ、伊勢からは近鉄と並行して走る県道で鳥羽へ、鳥羽から鵜方までは国道を走りました。どこも緩坂だったので楽チン。※初夏に走ったパールロードはきつかった
目的地は志摩市方面。できれば御座白浜かあずり浜に行きたい。でも、ちょっと体力と時間が心配。
伊勢から伊勢道路は無理なので内宮から剣峠経由で志摩方面へ抜けるか、鳥羽経由となる。とかなんとか考えつつ、結局は鳥羽経由で行きました。だって剣峠なんて坂きっついもん(笑)

神宮神田

途中で唯一立ち寄った場所です。二十数年前にも偶然にここを通った記憶があり、田んぼなんですがとても神々しく感じました。

志摩市

鳥羽から志摩市へ抜けるには緩坂が2つくらいありましたが、パールロードと比べたら、ぜんぜん楽チンでした。
f:id:werty852z:20180908053704j:plain

鳥羽から志摩までパールロード経由で走ったときの記事はこちらです。

www.hosinosora.com

大王名田の海岸

日が短いので無理せずにマチャさんに教えてもらった大王名田の海岸でキャンプすることにした。向こうは外洋です。ぷシュッとビールを飲んだら酔っぱらってしまいました。
f:id:werty852z:20180908053850j:plain

セル2

酔っていたのもあって、海岸に散らかっていたゴミを片付けずに、ゴミだらけのままテントを設営。
風がビュンビュン吹いていて、底がないテントが浮き上がってしまうので心配になってきた。木枯らしの中寝れるのか心配( ;∀;)

セル2については、こちらの記事で詳しく説明しています。

www.hosinosora.com

焚き火用の五徳

前に作ったパーセルトレンチもどき?のグリルはキャンプでいつも愛用しています。これは、とても使い勝手がイイです。

こちらのグリルについては、こちらの記事で作り方を詳しく説明しています。

www.hosinosora.com

UCOキャンドルランタン

これは重たいんだけど何故か持ってきてしまう一品。
火を灯せば、明け方まで光ってくれているので安心します。
ホヤにべっとりついてしまったロウは熱湯をかけてやれば溶けて流れるので後は磨いてやればきれいになります。

UCOキャンドルランタンについての記事はこちらです。よろしければご覧ください。

www.hosinosora.com

コットとシュラフ、マット

寝具は、先日導入した超軽量の中国製コット、モンベルのダウンシュラフ#2とイナーティアXライトです。
中国製コットの寝心地はとても良かったです。組み立ては一回やれば手慣れたもので今回はサクッとできました。
分解するのもあっという間。ただ、組み立て・分解ともにかなりの力が必要でポールをしっかり曲げる必要がありました。
夜中に強風でテントの中に風が吹き込んでいたけどイナーシャXライトとモンベルの♯2シュラフでポッカポカで快眠できました。
コットだから下からの冷えもそんなにありませんでした。そして寝相の良くない人にはイナーシャはかなりオススメです。どんなに寝返りをうっても、イナーシャはシュラフの中にあるので背中がポッカポカです。

中国製コットについては、こちらの記事をごらんください。

www.hosinosora.com

イナーティアXライトについては、こちらの記事に詳しく説明しています。
よろしければご覧ください。

www.hosinosora.com

朝日

早朝の砂浜にはルアーをぶら下げたアングラーがあちこちを探るために歩き回っていました。
こちらの方に歩いて来たのでイカ狙いかと尋ねたら「ハマチ」だそうで、サーフからハマチが狙えるのも志摩ならではなんだろうか。しかし、ここでハマチが釣れたら嬉しいよね。
日の出は海岸の右手奥、雲間からゆっくりと光が差し込んできます。あぁなんて神秘的なんだろう。
神様、今日も生かしてくれてありがとう❤

以上、「2015.12.5-6.松阪~大王名田海岸輪行」でした。

【広告】