海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

赤目四十八滝(三重県名張市) 2013年11月4日

3連休の最終日は家族でハイキングに行きましょーって事で三重県名張市にある赤目四十八滝に行ってきました。

朝6時に出発し、9時ちょっと前に到着。駐車場は好きなところに停められました。不安だった天気もすでに雨が上がって湿った冷たい空気が立ち込めていました。

入り口にあるサンショウウオセンターのサンショウウオの赤ちゃん。ふわ~っと浮き上がって息継ぎをしては水底に戻る動作を繰り返すのが可愛らしい。

(不動滝)

(千手滝)

(布曳滝)高さ30M、滝壺の水深30M。すごい深さ。

布曳滝の上流に架かった橋が壊れていました。手すりが壊れているところも何か所かありましたので、増水して壊れてしまったのでしょう。それにしてもあの残骸が放置されているという事は最近の事だったのでしょうか。

携帯の電波は入らないのでこのように緊急電話が至る所に設置してあります。朝一番で入ったのでスピーカからマイクテストのチェックが何回か入ったりパトロールの人がこの電話から応答したりしていました。さすが観光地だけあってしっかりやっていますね。

急な坂も何か所かありますが手すりや階段が整備してあります。お年寄りもスタスタ歩いておりました。

紅葉はボチボチ。向こうに見えるのは百畳岩。

森の中の雰囲気を堪能しています。人も少なくて気持ちイー。きっとマイナスイオンが大量に立ち込めている事でしょう~~

あっちもこっちも滝、滝、滝、滝祭り。


雨が降った直後なのでコケに覆われた岩を伝って水がポタポタと流れ落ちている。水の森。


あんなところにオオサンショウウオが・・・・・デカイ!!

雨降り滝。以前来たときは水が無かったけれど、今日は冷たいシャワーがピチャピチャと流れていて通り過ぎる時に僅かに水滴が当たって、雨の雫が顔に当たるようだ。新鮮な気分になる。

(荷担滝)赤目四十八滝のシンボル的な存在といわれる。本日は水量もたっぷりで迫力満点。力強く流れる両脇の水を持ち上げているようにも見える中央の岩がたくましい。男らしい滝だ。


コケに覆われた木

(琵琶滝)

早朝から来たので貸切状態でここまで来られました。帰りは下流に行くにつれ人で賑わっていましたよ。