海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

古和浦:さらくわ~座佐浜 2013/08/13

古和浦漕ぎ。通算3回目のザサ浜。
集合場所のロッジさらくわへ。今日もアルガフォレストさんのツアーに参加です。メンバーは柴田さん、大阪からお越しのA夫妻、僕の4名。A夫人はレーシングカヌーの選手だったとか。そしてツアーとは別に自宅に眠っていたファルトカナディアンのALLYを柴田さんにお譲りする事になっていたので配達も兼ねています。

そしていつものように準備中の写真とかを撮るのを忘れ、もう海の上に居ます。地上にいる間は暑くって汗が止まらなかったんですが海上は良い風が吹いていて気持ちイ~イ!!

右手は河原を連想するような砂利浜、個人的には熊野川を思い出します。

古和浦漁港方面と新桑方面を分ける灯台。今日は灯台下に打ち寄せる波は殆どありません。

透明度のある海をウエから目線で撮影
こちらから対岸までをウミから目線で撮影(笑)海から目線ってイイでしょ。カヤック目線

ザサ浜ちょっと手前のプチロックガーデン。シメスタに乗り換えてリーンして回るっていう意味が分かるようになったと思う。3つのキールに乗るっていう意味も。上手くなったわけではないけど。

このもうちょっと行った曲がり角を行くとザサ浜。今日は本当にのんびりゆっくりなので、岸から5メートルの景色をじっくりと堪能できた。

ザサ浜に到着。1組の先客が海水浴をしていました。ザサ浜は1㎞は無いまでも結構幅があるのでひろび~ろ。

ザサ池1号はこんな感じで干上がっています。藻がすごくて汚~い

漁船で子ども達が海水浴に来ています。何組か来ていました。民宿のお客さんや漁師さんのお孫さんとかでしょうか。

シュノーケリングで潜ったり泳いだりして遊んでいました。あっという間に3時間くらい過ぎていたようです。

対岸へはまだ行ったことが無かったのでザサ浜の右手から出発して対岸へ渡り帰路へ着きます。

こちら側もいくつかの岩場があります。それにしても海水が生ぬるいから海に手を入れても冷たくなくって逆にイラッとする。風もやんじゃったので暑い。

時間も遅くなってきたのですいすいっと灯台までやってきました。帰路は雨の日の洗濯の干し方とか、バスタオルの使い方とかいうような会話が中心だった気がする。

そしてドナドナされていくALLY。2~3回くらいしか乗らなくってゴメンネ。良い御主人が見つかったようだよ。