海漕泊☆野空

シーカヤックやキャンプ、登山などのアウトドア活動の記録や楽しみ方を紹介していくサイトです。

シーカヤックでのセルフレスキューについて

f:id:werty852z:20180904030632j:plain
カヤックで湖や海に出かけて遊ぶ場合に、必ず必要になるスキルとしてセルフレスキュー(再乗艇)があります。
単独で出かけて万が一にもカヤックで沈(転覆)してしまったときに、もう一度カヤックに乗り込んで転覆する前よりも安全な状態にしなければなりません。

【広告】

 

セルフレスキュー(再乗艇)ができない

先日、友人たちと一緒にシーカヤックのロールの練習を行ったのですが、その時にはロールはなかなか成功できず、もし、実際にロールが必要な状況になったとしても、役に立つようなロールのスキルまでは程遠い状況でした。

そして、念のために同時にセルフレスキュー(再乗艇)の練習もしたのですが、驚くほど失敗を繰り返してしまって、まったくと言っていいほど再乗艇ができませんでした。

一番最初に購入して使っていたシーカヤックは幅があり安定した艇だったので、その時は難なく再乗艇ができましたが、今の私が使っている艇はそれよりも幅は細くなり、ハルも丸くなっているので、体重のある自分では、うまく再乗艇するのが難しくなっていたようです。

一人でリカバリーできないまま海へ

「沈しない漕ぎ」も習得すべきなのですが、もしも、沈したときのリカバリーは必ず習得してから沖に出るようにすべきです。

ですが私の場合は、いざ練習となると、失敗したときの息苦しさとか、沈脱したあとのパドルフロートを使ったアウトリガー式再乗艇の大変さを考えると、躊躇してしまって気がすすまず、ほとんど練習をしていませんでした。

そうした事からロールやセルフレスキューができないままに海に出ている自分があります。

それは、何を意味しているかというと、、、

低水温下での沈は命の危険を自覚した方が良い

水温が10度以下のときに、ウェットスーツとパドリングジャケットを着た状態で水中に入ると、7分ほどで腕や指が機能しなくなるそうです。 夏の暖かい海では水中に入ってもこのようにはならないようですが、低水温下では、命の危険にさらされます。

7分しか時間が無い中で、パドルフロートを膨らまし、アウトリガー式レスキューでカヤックに乗り込み、排水して、沈する前よりも安全な状況にしなければならない。という事を考えると、セルフレスキューについては何度も何度も練習して、いつでも、短時間で容易く出来るようにしておかなければならない重要なスキルだと思います。

低水温下で沈したあと、再乗艇に失敗をすると、体力や体温を奪われて二回目の再乗艇は更に失敗する確立が高まります。

そもそも

そもそも、波風のある海で沈脱した後に、コックピットに水がたっぷりたまった状態の艇に1発で再乗艇できるのだろうか? 肥満体にとっては静水でも難儀な再乗艇が波風のある海でできるのかどうか疑問です。

また、この技術についても特に練習をしっかり積んでいないと、何度も失敗を繰り返して体力的にも精神的にも相当なダメージを被ることになりそうだ。 思い込みで簡単だからと侮ってはいけないと思う。

私が再乗艇に成功しなかった原因の一つに、パドルフロートをフォーム式のものにしていることがある。浮力の大きな空気式のパドルフロートであればまだ楽なのかもしれないが「パンク」や「準備に時間がかかる」という事を考えるとフォームタイプのものを携帯するのが正解だという考えからだった。

これについては、今では自分のスキルと体重に合わせて空気式のパドルフロートに交換してあります。

パドルフロートに関してはこちらの記事をご覧ください。

www.hosinosora.com

本当に必要なときにロールが出来る人は少ない

シーカヤッカーのすべての人がどんな時でもロールできるとは限らないようです。

ソロ漕ぎではなく、一緒にツーリングする仲間がレスキューに慣れているなら別ですが、そうでなければやはり自分で何とかできるスキルを養っておきたいですね。

さて、先週の練習が終わってからずっと頭の中で妄想していた事ですが、波風の中での再乗艇の難易度を考えると、もしかしたらパドルフロートを使ったリエントリーロールをマスターした方が実用的ではないかと思い始めた。ロールの中でも難易度の高いリエントリーロールだが、それとパドルフロートを組み合わせたら、沈脱後の再乗艇よりも成功する確率は高まるのではないかというものです。

別の記事で再乗艇の方法について考えてみたいと思います。

www.hosinosora.com

以上、「シーカヤックでのセルフレスキューについて」でした。

【広告】